「サンプリングモアレ法による構造物の計測技術に関する研究会」


 皆様方におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます.

 画像を用いて構造物の変位分布を計測する手法のひとつに「サンプリングモアレ法」があります.この手法は2次元格子の位相を解析することで,精度よく2次元の変位が計測できるというものです.少し工夫をすることで3次元の変位分布を求めたり,たわみ角を求めることも可能です.また,ハードウェア化することでリアルタイムに変位分布を計測することもできます.実用化をめざした取り組みも行われています.本研究会では,この手法を構造物の計測に適用する技術について情報交換を行います.

主催:日本実験力学会光学的手法分科会,全空間画像計測コンソーシアム

日時:2013年3月22日(金)13:00-17:00
場所:シーバンスホール 4階会議室(東京都港区芝浦1-2-2 シーバンス ア・モール4階)
TEL:03-5730-0277
最寄り駅:JR山手線 京浜東北線・浜松町駅南口(徒歩8分) / 新交通ゆりかもめ線・日の出駅(徒歩5分) / 都営地下鉄浅草線 大江戸線・大門駅(徒歩10分)
参加費:無料

プログラム
13:00開始
1.開催挨拶
2.研究発表
(1)サンプリングモアレ法の紹介
 藤垣元治(和歌山大学),李 志遠(産業技術総合研究所),森本吉春(4Dセンサー株式会社)
(2)構造物のタイル模様を利用した変位分布計測法の開発
 林 嵯隼(東京理科大学),李 志遠(産業技術総合研究所),津田 浩(産業技術総合研究所),荻原慎二(東京理科大学)
(3)タイヤの三次元形状およびひずみ分布動的計測システムの計測精度の向上と計測領域の拡大
 吉川隆章,藤垣元治(和歌山大学),花田亮治,宮澤昌志(横浜ゴム株式会社)
(4)画像計測手法による鉄道構造物の変位計測とサンプリングモアレカメラの応用
 生駒昇(ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社) ,内田修(アジア航測株式会社)
(5)2次元サンプリングモアレ法による高精度位相解析技術の開発
 李 志遠,津田 浩(産業技術総合研究所)
(6)改良型サンプリングモアレカメラの開発
 浅井大介,宮城貞二(株式会社ヒカリ)
(7)サンプリングモアレカメラの大型構造物への適用
 藤垣元治,原 卓也,村田頼信(和歌山大学)

3.ディスカッション,デモ(サンプリングモアレカメラ他)

終了後,懇親会を予定しています(参加費:4500円).

参加ご希望の方は,次の申し込み書にご記入いただき,3月15日までにご返送をお願いいたします.
返信先:  藤垣元治 fujigaki@ws-conso.com
==================================
サンプリングモアレ法による構造物の計測技術研究会に参加します.
氏 名:
所 属:
e-mail:
懇親会:  参加 / 不参加
==================================


ご参加・ご協力いただきました皆様,どうもありがとうございました.
・参加者数:24名
・参加機関:企業16,研究機関2,大学6


研究会の様子


[講演会・イベントのご案内に戻る]